ウォーターサーバーの注意点

ウォーターサーバーの設置場所には、いくつか注意点があります。直射日光や高温多湿、水気があってはいけない場所などを避けるのはもちろんですが、意外と見落としがちなポイントもあります。たとえば、水は業者が宅配してくれますが、ボトルの交換は自分で行わなければいけないという点です。

ウォーターサーバー用のボトルは1本10L以上の物が多いので、10kgを超えるボトルを持ち上げて交換しなければいけません。男性など力のある家族がいればいいですが、女性やお年寄りには一苦労です。2階、3階に設置する場合には部屋まで運ぶ必要もあるので、設置場所を考える際には運べるかどうかも考慮しましょう。

寝室にウォーターサーバーを置く利便性は高いのですが、温度管理をしていることから冷蔵庫のように常時稼働音がします。音はさほど大きくないので気にならない人が大半ですが、中には気になって眠れないという人もいます。そのような場合は寝室の外の廊下などに設置したり、静音タイプのウォーターサーバーを選ぶといいでしょう。ウォーターサーバーは重量があるため、和室で使うと畳が変形したりサーバーが倒れる危険性があります。寝室に設置する場合は大容量である必要はあまりないので、卓上タイプを使うといいかもしれません。